ノンデュアリティの理解を深める② 〜距離って何だろう〜

前回の 物ってなんだろう に引き続き、
今度は距離について見ていきたいと思います。

私たちは、自分の「目」で
立体的な奥行きのある、まさに3Dの世界を見ていると思っていますよね。

本当に?
100%絶対に?

それを一緒に確かめにいきましょう。


距離ってなんだろう?


 

ところで皆さん、写真って平面ですよね。

どんなに丸々としたりんごも、写真に写ってしまえば
ペラペラの平面です。

私たちはこの「写真」が、実際には奥行きがないことを知っています。

平面図を写し出す「カメラ」の仕組みは、
実は私たちの「目」と基本的に同じ仕組みなんです。

カメラは、入ってきた光がレンズで屈折してスクリーンに映し出します。

私たちの目も、瞳というレンズを通して光が屈折し、
網膜というスクリーンに風景を映し出します。

ノンデュアリティ 距離とは

 

つまり、目が捉える世界は、カメラと同じ。
あくまでも平面なんですね。ペラペラの写真と同じです。

目の中に丸っとした立体的なりんごができあがるわけではないんです。

そこから、どうやって立体的な世界を捉えるのかというのは、
完全には分かっていないそうですが、大切な要素はいくつかあります。

その中の1つのエッセンスをみていきましょう。

 

遠くにある物、近くにある物

さて、下記の写真を見て、
左右どちらの赤線が、長くみえますか?

ノンデュアリティ 距離とは02

 

おそらく右の線が長く見えるのではないでしょうか。

 

今度は背景を消して見直してみます。

ノンデュアリティ 距離とは03

実は、線の長さは同じなんです。

 

背景があると大きさが変わってしまうなんて、
不思議ですよね。

 

この体験の中に、「見ること」のヒントが隠されています。

 

まず、この絵はただの二次元的な平面ですね。
ただの絵ですから。

それにも関らず、私たちは奥行きを感じてしまいます。

 

ヒントは狭くなっていく線の形。

 

現実的にこのように道が見えるとき、
Bの地点まで距離があって、
時間がかかるということを
私たちは人生経験上、よく知っています。

ノンデュアリティ 距離とは05

ただのペラペラな三角とみることもできるのに、
そこに距離があって、時間がかかったという、
過去のパターンを参照しているわけです。

 

もし現実的にこのような道ばたで、
ケーキが同じ大きさで見えたのなら、

ノンデュアリティ 距離とは06

人生経験上、Bのケーキは近づいた時に、
実際にはめちゃくちゃ大きいことが予測されます。

こんな感じでね。
(夢のよう♡)

ノンデュアリティ 距離とは07
つまり、遠くにあるものと、近くにある物が同じサイズだとしたら、
「実際にはとても大きいはずだ」ということを
「経験的」に、「知識」で知っているんです。

そのために、自分が知っている「現実」に見合ったサイズに
見えてしまいます。

ノンデュアリティ 距離とは08

ノンデュアリティ 距離とは02

 

この経験から分かることは、
私たちは、100%正しい世界を見ていないーということ。

私たちは本当の世界ではなくて、
自分が納得できる、自分が知っている世界を見ています。

上の方で細まっているから距離がある…
同じサイズに見えるからこっちが大きい…というように。

あるがままに世界を見ているのではなくて、
過去の経験を見ているわけです。
(もちろん無意識で)

だから距離とは、奥行きとは、学習した過去の経験。

ただの「知識」、
思考のレッテルだと言えるんです。

 

話を変えて、例えばプラネタリウム。
本当に満点の星空の下にいるように見えても、
星までの距離はせいぜい2〜3メートルだと「分かって」います。

本物の夜空を見るとき、まったく同じ景色を見ながらも、
何万光年の距離があることを「分かって」います。

同じ景色を見ながら、そこに違いを与えるのは
「思考」のレッテルですよね。

 

私たちのこの目がとらえる世界は、
あくまでも平面。

それはスピリチュアルでもなんでもなくて、
生理的に起きていること。

だとしたら。

テレビまで1メートル…
家まで10メートル…
机まで50センチ….

今見えている世界から、
「距離」という概念を外したら?

プラネタリウムなのか、星空なのか、
何が10センチで、何が1メートルか、
あらゆる知識を外したら?

 

そこに距離がなくなります。

そこに奥行きがなくなります。

そこに時間がなくなります。

 

奥行きがないのですから、
「見えている世界」と自分の間に距離がなくなります。

 

世界とあなたはベタ付けなのです。
世界とあなたは分離していないのですよ。

 

もっと言うと、

そこにあなたがいるのではなくて、
「見る」があるだけ。

 

あなたがいるのではなくて、
あなたがテレビを見るのではなくて、
あなたが机を見るのではなくて….

あなたと見えている世界に距離がないのだから、
あなたは「見る」という経験そのものなんです。

私たちは、
見ることそのもの。
見る経験そのもの。

「見る」という言葉さえとってしまったら、
「それ」そのもの。

 

ひまなときに、ダイレクトパスの「見る」もやってみよう♩
http://nonduality.jp/悟りを体験的に理解するダイレクトパスー見る/

〜続く〜

 

★ お知らせ ★

【個人セッション】悟りのエッセンスで楽に生きていける個人セッションを行っています。こちらからどうぞ
【メルマガ登録】更新情報、気づきにつながる記事をメールでお届けいたします。こちらからどうぞ

LINEで送る

1 Reply to "ノンデュアリティの理解を深める② 〜距離って何だろう〜"

  • comment-avatar
    いく 2015/05/21 (6:40 AM)

    はじめまして!図解入りなので、ものすごくわかりやすいです。世界と私を分ける境界線の嘘を暴かれて、もう嘘を嘘だと認めないわけにいかない、、、自我の降参への見事な一撃になりました!記事の数々ありがとうございます(^-^)

Leave a reply

Your email address will not be published.