ルパートスパイラー肉体は物質であるという考えー

(動画は一番下にあります☆)
ルパートスパイラさんの「死、そして肉体は物質であるという考え」
という講話の解説です♩

(翻訳は 気づきのダンス 溝口あゆかさんです☆)

講話の中で、ルパートさんは「物質とは何か」を
興味深く説明しています。

「私たちは一度も肉体を経験したことがありません。
そもそも、肉体を経験するには、思考の外側で何かを見つける必要があります」
(5:46 頃)
と語るルパートさん。

どういうことかというと…

例えば
イチゴは物質で、
椅子は物質で、
肉体も物質で、、、
そして脳も物質ですよね。

 

もし脳という「物質」から意識が生じるのであれば、
イチゴに意識が発生しておかしくないですし、
ヘタにもあるかもしれません。
そして、ダンゴムシにも、みみずにも意識があるかもしれません。

 

実際のところ、脳という「物質」からなぜ意識が発生するのかという難題は
科学でも解明できていないそうです。

 

実は、「物質」から「意識」が派生している」
というスタート時点で、そもそも逆説的なんです!

 

私たちは
「この体(物質)が私だ」
と信じていますよね。

 

講話の中でもルパートさんが言っていますが
私である「肉体」は「肉体」そのものを
直接、経験したことはないんです。

 

肉体を直接経験するーということは、
イチゴが「イチゴ!」を経験して分かっていることですし、
ヘタが「ヘタ!」を経験して分かっていることですし、
肉体が「肉体!」を経験して分かっていることですが、
物質は物質を経験することができません。

たとえば、切断された足は「足!」を経験して
まさに足だと分かっているでしょうか。

足が足を経験するのではなく、
「足」という思いを通して「足」になるわけですよね。

 

つまり、
「物質である」、
「私は肉体(物質)である」は、
思考によって理解されているだけなんです。

物質が意識を生んでいるのではなく、
まず1つの意識が先にあり、
そこに何十億という分散した意識があり、
そして、その先に「物質」という思考が現れています。

 

私たちは「意識」なんです。

 

さて、このことを分かりやすく説明したルパートスパイラさんの講話。
この物質主義が続くとどうなるのか…
という例えが興味深いですよ。(12:05頃)

【 コンテンツ内容 】↓ 動画の主な内容と該当の時間がわかります。
1:54 唯我論(私の意識が現実を作っているという考え)は非二元とは違う
4:22 自我とはー
7:08 物質とはー
12:05 物質パラダイムが続けばー

★ お知らせ ★

【個人セッション】悟りのエッセンスで楽に生きていける個人セッションを行っています。こちらからどうぞ
【メルマガ登録】更新情報、気づきにつながる記事をメールでお届けいたします。こちらからどうぞ

LINEで送る

No Replies to "ルパートスパイラー肉体は物質であるという考えー"