悟りQ&A 世界は完璧?善悪についてどう考えたらいいですか。

こんにちは♩ 今日はご質問にお答えしたいと思います。

icon-quote-left 私は非二元にとても心が惹かれるのですが、
ただ、善悪のことはどう考えたらいいのか分からなくなります。
たとえば、私は犯罪の被害者や飢餓で苦しんでいる人達についてニュースで聞くととても胸が痛くなります。なんとかしてあげたいと思うと眠れなくなるんです。

そんな時、世界は完璧、起きていることが起きているだけーというのは、
人としてどうなのかな?と思ってしまいます。
和花さんは善悪についてどのようにお考えですか? icon-quote-right

ご質問者さんの暖かな人柄が伝わりますね。
また、善悪については多くの方が感じる疑問ではないかなと思います。

まず、犯罪を許そうというつもりはないですし、
ましてや世界は完璧ーという「解釈」を伝えるつもりはありません☆

言葉で善悪を語るのは無理があるかなとも思っています。
だからこそ、私が大切にしたいと思っていることは、皆さんの中でなんらかの気づきが起こることです。

というわけで、早速、私たちの善悪が何か、一緒にみていきましょう。
ぜひ、あなたの中で答えを見つけてみてくださいね。

 


何が悪で、何が善なんだろうー


突然ですが、命を奪うことは「悪」ですよね?

多くの方が、最も非情な「悪」の1つだと感じるのではないでしょうか。
私もそう感じます。

icon-lightbulb-o さて、イメージしてみてください。

突然ですが、、、、
あなたに、体のつながった双子の赤ちゃんがいるとしましょう。
(結合性双生児といいます)

二人にはそれぞれ個性があり、あなたにとって大切な家族です。

ところが二人は1つの心臓をシェアしています。

手術をすると、一人は必ず助かりますが、一人は必ず死んでしまいます。
手術をしないと、二人とも必ず死んでしまいます。

 

さぁ、あなたはどうしますか?

 

今、あなたの選択で、人の命が左右されようとしています。

 

一人を救うことが正義なのか、
選ばないことが正義なのか?

 

もちろん、正しい答えを見つけようという問いかけではありません。
ただ、感じてもらいたいのです。

時としてものごとは、100%の善悪、白黒をつけることが難しいということ。
そして、白黒が表裏一体でとても矛盾しているということー。

 

実際、人生では曖昧なことがたくさんありますよね。

それにも関らず、私たちは、例えば「うそつきは悪」とか「貧乏は悪」などと、何かの行動や状態をマルっとひとまとめにして、善か悪か、黒か白か分けようとします。

善悪

もちろんこれはある程度、仕方がないことです。
生きていくうえで、役にたつこともたくさんあると思います。

でも、よくよく思考を観察すると、この究極の2分割に陥って周りが見えなくなり、苦しんでいることがほとんどです。

例えば

  • 独身は負け組だ。
  • 世の中は危険だ。
  • 彼はうそつきだから信用できない。

など。

 

出来事は、24時間の中でほんの2分かもしれないし、
3年の間にたった1日だったかもしれないのに、
A = B というように、絶対で永遠かのように信じてしまいますね。

実際は、100%絶対と言い切れるものごとなんて、ほとんどないのではないでしょうか。

例えば、独身が負け組だと信じる人もいれば、結婚は地獄だと信じる人もいます(笑)

命を奪うという事は、歴然とした犯罪(悪)ですが、
でもこれが戦争時代であれば、その人は讃えられるでしょう。

表現するなら、ものごとは実際のところこんな感じ。

悟りー善悪

 

同時に違う可能性があるのだから、黒と白の表裏一体で、
条件によって変化するのだから、黒と白のグラデーションのようなもの。

善悪の答えは、人生経験によって、そして国や文化によって、あっという間に変わります。

 


誰が善悪をジャッジしているの?


さて、この曖昧なグラデーションの世界のなかで、
ここからが悪で、ここからが善だと決めているのは誰でしょうか?

双子の例でいえば、一人を救うべきなのか、選ぶべきではないのかー
この曖昧な世界の中で、答えを出すのはだれなのでしょうか。

 

そう、あなたです!

 

何が「善」なのかー?
何が「悪」なのかー?

それはー
あなたの思考によって振り分けられたものーです。

 

誤解を恐れずにいうと…悪はあなたの頭の中!

 

もちろん、社会や親から教えられた善悪もあるでしょう。
それらを無条件に信じるしかなかったかもしれません。

それでも、同じ境遇で育った兄弟でも、信念が全く違うということはよくあります。

私たちが何かを信じるとき、どこかのレベルでは「あなた」が合意した善と悪なのです。

だからこそ、人によって答えが違うのですよね。

人や社会が、善悪を言ってくることはあっても、
誰一人、「私の」善悪のラインを決めることはできません。

それは私にしかできないのです。

 

icon-lightbulb-o じゃぁ何してもいいですか?

ところで、善悪が思い込みだとなると「じゃぁ何してもいいの?」とか、逆に「何もしなくていいの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、これをひも解くと、「(悪い事でも)何をしてもいいの?」、「(ひどい世の中なのに)何もしなくていいの?」というジャッジがベースにあると思うんです。そういう意味で、思い込みに思い込みが重なっているだけですね。

なので、「(悪いことだけど)好きな事だけして生きる〜」とか、
「(だめな私でも)既に完璧〜!」と思い込もうとしているときは、実はとても苦しいでしょう。

さて、世界はいつも白と黒のグラデーション、白と黒の表裏一体。
誰かにとってOKかもしれないけど、誰かにとってはNGかもしれません。
ものごとは変化して、今はOKだけど3分後はNGかもしれません。
だから、白と黒のラインにしがみつくことは、元々意味がありません。

 

icon-lightbulb-o 今を大切にしよう

だから、善悪に分けて、悪と戦うよりも、
今日から、新しい選択をしてみませんかー。

 

それは、今起きていることを大切にすることです。

 

icon-quote-left  苦しんでいる人がいるー
さぁ、私に何ができるだろう? 私は何がしたいんだろう? icon-quote-right

 

icon-quote-left   私はニュースを見て悲しいー
さぁ、この悲しみに向き合おう。 私を大切にしよう。icon-quote-right

 

そうすることで、私たちは自然と分かち合い、
お互いを大切にしあうようになります。

想像の黒と戦うのではなく、
今、起きていることー あなたの気持ちに正直になってください♩

それこそ本当の私ー
純粋に世界を創造する私に、一番近い生き方なのかもしれません。

★ お知らせ ★

【個人セッション】悟りのエッセンスで楽に生きていける個人セッションを行っています。こちらからどうぞ
【メルマガ登録】更新情報、気づきにつながる記事をメールでお届けいたします。こちらからどうぞ

LINEで送る

1 Reply to "悟りQ&A 世界は完璧?善悪についてどう考えたらいいですか。"

  • comment-avatar
    高橋俊彦 2015/07/06 (4:42 PM)

    善悪ではなくて、「あなたの行動の動機に愛があるとき何をしますか?」が答えではなかと思うよ。

高橋俊彦 にコメントする Cancel reply

Your email address will not be published.