プロフィール

こんにちは ヒーラーの湯浅和子(わこ)です。

セラピスト和子

実はヒーラーという呼び方もあまりしっくりきていないのですが、
1番わかりやすいのでとりあえずつけています。

実際に何をしているかというと、
覚醒のための心のワークを教えています。

私は2013年に覚醒体験をし、
その後も内面を見つめるワークを続けてきました。

ちなみに、
私はかつてパニック障害、慢性疲労、摂食障害、ADHD、うつ症状があり、
本当に生きづらい人生でした 😯  自己肯定感も低かったですよー。
だから人間関係は常に緊張してて、いつも距離を置いてました。

一時期は体調が悪くて働くこともままならず、
どうやって生きていったらいいのか絶望していた時期もあります。

そこから内面を見つめるワークを重ねることで症状は全て寛解。

心のブロックが外れることでできるようになったことは

  • エンパスの能力(人のビリーフからくる感覚がわかります)
  • 絵を描くこと
  • 文章を描くこと(前は本当〜に苦手でした)
  • 作曲
  • 人前で堂々と自分の考えを話す力
  • 運動能力の突然の開花
  • ヒーリング能力の開花
  • ワンネス感覚が強くなっていく

などです。

何よりも、日常の些細なことに喜びを感じられ、
人との深いつながりを感じています。

クライアントさんたちも、自分のブロックや心の痛みを解き放ち
メキメキと変化していかれます。

人間が自分の可能性の心を開くと、
本当にいろんなことができるようになっていくんですね。

でも心のワークは特別な能力を身につけるためにやるわけではありません。

分離感を癒し統合することで
本来の自分に戻っていくという感じです。

「何かを身につけよう」とか、
「すごい自分を目指そう」という気持ちでワークすると、
「今ここ」から離れ、覚醒とは逆方向に走り出します。

でも、「自分を大事にしよう」、
「自分と共にあろう」という思いで立ち止まり、
自分を慈しむと覚醒のスピードは上がります。

ちなみに私は、特別なサイキックではありませんし、
別に優れた人でもありません。
むしろ、たくさんの悩みを抱えながら、
一般の人よりもずっと低い自己肯定感で生きてきました。

だからこそ、普通の人だって目覚められるんだよ、ということを
自信を持って伝えられるのです。

何事も続かず、何事も逃げ腰だった私ですが、
内面を見つめることだけは、徹底してやってきました。

そうやって自分の力を取り戻してきました。

そして自分のワークや実際のセッションを振り返り、
どのようにすれば人が変わるのか、
何が覚醒のために必要なのか
日々研究を重ね、セッションをしています。

あなたが優秀かどうかは一切関係なく、
今、どんな問題や症状を抱えているかも、覚醒には関係がありません。

「自分を大切にしよう」という気持ちがあるかどうかだけ。
本当に、自分を見つめようという人は目覚められます。

しかし目覚めのポータルは2020年には閉まってしまいます。
そのあとに目覚めたいと思っても、次元の扉は閉まってしまうのです。

有限であるということがこの3次元の素晴らしさの1つです。
残りの人生は心から自分を愛し、
魂の道へ進む生き方をしませんか。

まもなく、新しい地球の夜明けがやってきます。

LINEで送る