つらかったですね。でもだいじょうぶです

生きるって、なぜかくもこうつらいものなんでしょう。
という話にちょっとだけお付き合いください。

どれほどつらい、命を絶つほど苦しい状況であっても、生き続けて、しかも今までよりももう少し楽に生きるためのやり方があります。

結論

自殺せずに、もっと楽に生きる方法があります

今まで本当におつらかったですね。誰も体験したことのない苦しみも味わわれたかもしれません。
よくここまで頑張ってこられました。

今でも目の前が真っ暗な状況は続いていますか。
もちろんこの後、このままあなたのやり方で頑張り通していただいて構いません。

しかし、「ちょっと疲れたな」、「そろそろ限界かな」、「もう嫌だ。楽になりたい」といったお気持ちがありましたら、このページに少し目を通していただけると幸いです。

でも現実はもっと厳しいとおもう

自殺せずに済む、とはいったものの本当にそんなことがいいきれるのでしょうか。
例えば、こんなご意見はあるかとおもいます。

でも、死を決意した人の心まで変えられるの ?

死んで楽になることの何が悪い。あんたに私の自殺を止める権利はない

こんなに長い間苦しんだのに、短期間で変わるはずないよ

よく自治体でやってる自殺対策とかと同じなんじゃないの?

そうですね。ごもっともなご意見だとおもいます。
今のあなたの苦しみを世界で一番ご理解されているのは、あなたですからあなたのその思いは一理あります。

でもご安心ください。
必ず変わります。なぜならこんなわたしでさえ変われたからです。
また、こちらでおこなっている方法は、他の相談室で実施しているそれとは異なります。

大丈夫です。必ず変わります

あなたをいまの苦しみから必ず救います。
カウンセリングによって復活していただきます。

なぜカウンセリングを受けるのが良いのでしょうか。
その理由です。

  • あなたを理解してくれるひとが必要だから
  • あなたとは違う視点でサポートしてくれるひとが必要だから

ところが、ひとつ問題があります。

同じような状況に陥った方が、カウンセリングを受け始めたが、結局、自殺に至ったケースが多くあります。
これはなぜでしょうか。

カウンセリングは心理学を基礎として組み立てられています。
つまり、今の心理学の知見だけでは、死にたいとおもう人を救えない、ということです。
世の中一般のカウンセリングを受けたとしても、あなたの状況は改善しません。

結論

世間一般のカウンセリングを受けただけでは、あなたは良くならない

では、どうしたらよいか

机上の学問ではない、もっと生活の実態に基づいた考え方を取り込む必要があります。

昔々、今から約2,600年前に、人間が生きる際の苦しみの根拠とその対処方法をみつけた人がおりました。
この人がみつけた苦しみの根拠は、「ひとびとが世の道理を理解していないから」というものでした。

「そんな大昔の話をしたって今じゃ通用しないよ」と思われる方もいらっしゃると思います。

ところがそうではありません。

今でも世界中のいたるところに不幸が蔓延しています。
2,600年の間で、人間はおおきな進化を遂げましたし、科学技術もすばらしい発展を遂げました。しかし、人間の本質は一滴も変化していないようです。

結論

大昔の教えの中に突破口があった

わたしの生還

ちょっとだけわたし自身の話にお付き合いいただきます。

わたしが自死を考えていた時は、仕事からくる挫折感や絶望感が強く、最後の二年間は「今の苦しい状況から一刻も早く逃れたい」という考えしかありませんでした。
脱出できるならその手段なんかどうでもいい、とにかく早く違うところに行きたかったのです。

実際、試みた経験はないのですが、あとちょっとしたひと押しがあれば、出勤先の会社ビルから飛び降りていました。

このように、自殺の一歩手前までいったのですが一方で、「死んだら今いるところに戻ってこれない」という気持ちもあり、ここで諦めず、最後の力を振り絞って解決策をあれこれ探していました。

ところが実際、うさん臭いものが多く、なにを試してもうまくいきません。

その中で唯一、わたしの心を揺さぶったのが、さきほどの「世の道理」だったのです。
とくに惚れ込んでしまったのが、「この世はうれしいことや楽しいことなんてみじんもない」という考えが終始一貫していることです。

この人以外の思想などはうそっぽいものばかりだったのですが、これだけはわたしの実感と一致していました。
「こいつの言っていることは本物だ。こりゃ信用できそうだ」と思えたんです。

結論

わたしは何も信じない。でも、こいつの言うことは信じる

そしてこの思想を実生活で意識するようにしました。
かなり大変だったのですが、わたしの状況は少しづつ変わりました。

まわりの環境つまり、つらかった職場環境、人間関係、自身の能力等は、なんら変わっていないのですが、これらへのこだわりがちょっとずつ無くなってきました。

そして、わたしのここまでの50年強、「しにたい」と思った場面をすべて思い返すと、それらすべてがこの「世の道理」で説明できるしまた対処方法も妥当なように感じました。

またこの考え方は、今までに地球上の多くの人々を救ってきた事実があるようでした。

わたしが何とか復活した後、その復活プロセスと、あとは心理学の手法を融合してカウンセリングのモデルをつくりました。

結論

「世の道理」を基礎として、カウンセリング・プロセスをまとめました

ご提案

このモデルをあなたと共有させていただき、今度はあなたが生還するところをわたしからサポートさせていただきたいのです。

ご提案

あなたの今のお悩みを共有させてください
生きるつらさをわたしと一緒に越えていきましょう

状況が状況なだけに、今のまま放っておくことは好ましくありません。
どうか早めに対策をうってください。

もし少しでもその気持ちに傾きましたら、体験カウンセリングへのお申し込みを、よろしくお願いいたします。
体験カウンセリングを受けていただくだけでも、この後、あなたがどのような生き方をすべきか、その方向性が見えてきます。
またこの時期、期間限定の特典も用意しておりますのでご確認ください。

期間限定特典

体験カウンセリングを無料でご用意しています

通常、5,000円で提供のところ、ただいまの期間限定で0円です。

戯言におつきあいいただき、どうもありがとうございました。
あなたからのご連絡をお待ちしております。